▼ BACK

001-010
君のために世界があるなら、僕のために君があったっていい
翼をもがれた鳥は、それでも愚かに飛ぼうとする
あなたの見ない服を着て、あなたに会いに行く
愛は言葉じゃ語れないんだぜ…、ってアイツが言ってた
最後の合図すらあなたは私にくれないのか?
生きてる意味なんて本当はないのだけれども
本当の気持ちを知りたいと言えたなら楽になれたはずなのに
誰も彼を救おうとしないし、彼もまたそれを望まないので厄介この上ないのである
バカみたいと叫びながら泣いたのはそれよりもっとバカみたいな私
私がこの手を拒否しても、彼はそれでもいいと微笑むのだ

011-020
世界を飛び越えるには、まだ少したりない
さかさまに落ちていく残像を思い描きながら
追い付くことなどあり得ないから追いたいのだ
終演を求めたとして、それを赦すのは僕の役目ではない
誰にも知られてはならない恋(ゲーム)をしよう
触れて欲しいと願うことはいけませんか?
たまにはこんな日があったっていいじゃないか?
その姿に恋をしたと、私はまだ伝えられない。
例えばそれが彼の望まない真実だったとしても
泣きたいくらいのイタミを僕は知っているつもりだった

021-030
それぞれが今この瞬間に『守りたい』と願うものは、
時代とともに死にゆくのならば、最後まであがいてみせる。
1200万回愛を叫んだとしても、きっと君は振り返ってもくれないだろう
運命なんて誰が決めたんだ、そんなものありはしないのに
君ほど残酷なひとなどきっといないだろう
わけがわからないけど、どうやら僕は君が好きみたいなんだ
オレの恋人が家出したんだけどマジでどうしたらいい?
その手が不幸を呼ぶとしても、きっとためらわずに私は掴むのだろう
どうか今夜は雨が降りませんように、それが私の唯一の願い

inserted by FC2 system