▼ BACK

201-210
最後に伸ばした手
朝食は君のワガママから
嘘でもいいから愛してよ
本当は君を愛してたかもしれない
部下が○○なんて認めない!
あなたはどこへいくのか?
孤独もあいしてよ
鏡合わせの恋
どこまで落ちたら幸せになれますか?
硝煙の香りが消えてから

211-220
なにもいらないと、あなたはいうけれど
可愛いお馬鹿さん
空に嘘をついた日
迷惑な恋のゆくえ
サンセット・ユートピア
愛を語るくらいでは私は騙されない
ラストクエスチョンのその前に
ポーカーフェイスの夕刻
すべてあなたに捧げられるモノ
恋を…したはずだった

221-230
灰色の猫が鳴く
世界をぶっ壊す恋がしたい
枷ならばすでについているのに
ふらつく記憶
1/10の恋
泣きたいくらいのイタミ
ずっとずっと。
ピースの欠けた約束ごと
P.S 僕の彼女がXXでした。
愛してると言わせたい!

231-240
その気持ちごと踏みにじって
手のひらを切り裂く指先
知りたくもない、恋
本当は誰に赦されたいのか
いいなり。
くちびるからはじめる
ひとりでは夢をみれない
テクノイズ
夢の中でも夢をみる
心喰らうほど、愛しく

241-250
好きだとは絶対に言ってやらない
仮面の少年
ティータイム・ラヴァー
君という枷なら、喜んで。
偽物の恋なら傷つかないはずだった
終わりを繋ぐピリオド
Chocolate heart
この手を離して!
Please kiss than scratches.
定規ではかれぬ距離
251-260
そして僕らは永遠となる
返事のないラブレター
そこに愛があることを誰が証明できたのか
パズルのようには簡単に解けない
50%のセンチメンタル
賽をどうぞ、と道化師が
それでも私が此処にいる理由(わけ)
壊れたのはココロじゃなくて
恋に恋することすらできない
愛を誓うなんて嘘ばかり!

261-270
約束したことがある
差し出された手に
私にさようなら。
「おやすみ」という暖かさ
好きだというには大人すぎた。
大人と子供のボーダラインをいったりきたり
今ならサンタクロースだって信じれる
嘘つきな私を愛してよ。
そうだ、君なんていなかったと思えばいい
あなたを奪う一手

271-280
泣くつもりなんてなかった
君の手があたたかい
ファインダー・ステップ
モノクライト
すべてあなたに捧げられるモノ
指先に感覚をください
永遠を誓いますか?
どうしてこんなに泣きたいの?
裏切るのは慣れていたつもりだった
恋をしました。

281-290
救われたのは私だった
いつか世界の関係に嫌気がさしたら、
優しいあなたの手に添えて
涙をください
世界が君を見捨てても私だけはいるから
こぼす、涙
世界の果てで君を愛す
祈りなど望まない
とろけるようなメロディー
何も望んでなどいなかったのに

291-300
コンクリートミッドタウン
まっすぐ、ただまっすぐ
戻らない約束
ただ、あなたへの忠誠を
マリオネット・ダンスを共に
ともだちになろうよ!
私の世界にあなたがいない
ジグソーパズルとわたし
そこに私はいらないのです
否定から始まる存在

inserted by FC2 system