▼ BACK

001-010
存在の必要について
49日目の嘘とホント
ある日に見た記憶
逃げて、追いかけて、また逃げて。
花葬
いのちをひとつくださいな
孤独はキライ、待つのはスキ
甘い砂糖をひとさじほど
幸せにはなれない
アイシテルの信頼度

011-020
Crazy!×Crazy?
キスに必要な100の方法
相対的破壊
やさしい嘘に呑まれたい
キスからはじまる嘘
逃亡前夜
同じ瞳(め)をした違う人
ペパーミントの雨
君には渡さないよ
暖かい孤独をあげよう

021-030
愛が欲しいワケじゃない!
人工廃棄物
それを『愛』と呼んでいただけるなら
真実は誰も知らない
望まれない子供の運命(さだめ)
いっそ情なんていらないから
もうひとりのせかい
蜜約
三番目の約束
彼(か)の人を葬った場所に眠るもの

031-040
そんなことより一緒にラーメンを食べませんか?
名を棄てた日に逢った人
明日だれか僕に居場所をくれるのか?
不幸せだったらいいのに
きっとそれでも僕らは嘘をつく
優しい嘘で始まる舞台
林檎がひとつ
ひとりぼっちの世界
彼に愛される理由
その記憶が繋がる先にあるもの

041-050
窓を飛び出して
恐怖、とは何か?
さて、恋をささやくのは天使か悪魔か?
僕が僕をなくすとき
ピアノフォルテ
ばいばい、また会いましょう
あなたのためだけに存在するような、
曖昧なほどに確実
残酷なほど、愛するほど
愛してると叫ばないで
051-060
愛を知らない君と哀を知らない俺
すぐそばにあるこれから
きみはきみ、ぼくはぼく。
望むのは死より愚かな愛
歪み、想う、愛
愛すべきこの憎しみ
Dear.Heaven
ありふれた真実だけ望んでる
嘘の上手なアナタのために
Calling to you.

061-070
絶対猟域
プログラムイノセンス
嗜好品(おもちゃ)
きらいでもいいよ
ジュリエットの毒薬
双対性理論
そんな言葉が好きなわけじゃない
いつか死にゆくあなたへ
ちいさなあなたのてをひいて
過去を消せるなんて言わないで

071-080
いつか本当に別れる時
貴方にあって、私にないもの
狂気にも似た
血に塗れた銃を取って
別れのための約束
良ければ殺してくれませんか?
珈琲一杯分の価値
三分空中散歩
コメディみたいなお付き合いの仕方
恋愛発展途上中!

081-090
まっしろなアナタに拳銃
すき。な数だけ
さよならの想いだけ会いたい
君に似た空に出逢った
恋愛はじめました。
sweet sweet summer!
最後の人生論
今日の店長のオススメください。
それもまた桜といえるなら
さようなら届かぬ人

091-100
錆びた自転車で遠出をしよう
キミのせいだよ、きっと!
じゃあ、またね。と彼女は言った
嘘も偽装も君の魅力?
愛を語るには幼すぎる
言葉にでき…いや、ならない
ティータイムは宵明けすぎに
リアルタイムパロディ
キリバリした恋
ファウストの邂逅

inserted by FC2 system